現在地

メモリ

 デスクトップパソコンのメモリースロット

 (写真)デスクトップパソコンのメモリー

記事の階層

← ガジェット

 PC パーツ(トップ)
 ・PCケース メンテナンス
 ・マザーボード
 ・CPU
 ・メモリー
 ・ネットワークカード NIC (WiFi, LAN)
 ・内蔵ディスク(SSD, HDD)
 ・外付けディスク(安心ミラーバックアップで Google / Apple クラウド利用量削減)

 

メモリー Memory

はじめに 

 家で使っている2台の Dell Inspiron 3670(デスクトップ,2020年製)はメモリ 12GB で購入しました.

 Windows 10 でのメモリ利用量は,特に大きなアプリは走らせていないものの 常時 10GB 近くあることから,そのうち12GB でも不足になりそうなので,32GB のものに変更しました.

 パソコンのパーツの中で,メモリー,SSD(マザーボード直付けでないもの),各種拡張カード,の3つは比較的簡単に交換できます.

 

Windows 10のメモリーサイズは16GB,できれば32GB 

 私の個人的な意見ですが,Windows 10 (仕事+個人,大容量メモリを必要とする画像処理アプリなど利用しない環境)でのメモリ推奨サイズは,

 ・必要サイズ: 16GB

 ・安心サイス: 32GB

です.

 8GB でも十分と思っていましたが,メールクライアントアプリ(Thunderbird + Outlook),会社連絡アプリTeams, ブラウザーウインドウを多数開くと 8GB を超えることがあります.

 

 もう1台の Inspiron 3670 では Linux (CentOS 7)を入れていますが,こちらは,12GB で問題ない感じです.

 32GB にすることで, 大きなメモリサイズを必要とする数値気象モデルなどを大きな予報領域で走らせることができます.

パソコン用メモリー

 (写真)今まで使ってきたメモリーの例.左はデスクトップ用,右はラップトップ(ノートパソコン)用

 

 

Inspiron 3670 内蔵メモリー(12GB: 8GB+4GB)

 Dell Inspiron 3670 は,安さ(500ドル代)と拡張性から選びました.

 Dell は汎用性の高いパーツを利用しているので,自分で拡張が容易です.

 2000年代からずっと使っていますが,いつも,新品でなく,Dell 直販の整備品(返品された新品同様品の保証付き),あるいは,Best Buy の返品されたものの再販を通販で購入しています.

 デスクトップは机の下などに置いて使うので,多少傷があっても正常に動作すれば問題ないと思います(Dell のメーカー整備品で傷があるものはほとんどありません.オークションの「整備品」は中古品なので要注意).

デスクトップパソコンのメモリー スロット

 

デスクトップパソコンのメモリースロット

 

 

32GB (16GB x 2)メモリーに交換

 今まで,安いメモリーを利用したトラブル(不良品)を経験してきたので,なるべく,

・Crucial
・Corsair
・Transcend
・Kingston

 などの良く利用されるメーカー製を使いたいのですが,メモリー予算に100ドル以上はかけたくないので,評価の絶対数が多く(最低100個),かつ評価が良い,以下の写真の安いメモリーを選びました.

Team Elite 32GB (16GB x2)DDR4 2666MHz (PC4-21300) CL19 Unbuffered Non-ECC 

 

デスクトップパソコンのメモリー 16GB x 2 = 32GB

 

デスクトップパソコンのメモリー 16GB x 2 = 32GB

 

Inspiron 3670 (12GB)内蔵メモリー

Inspiron 3670 (12GB)のメモリーは A Data 製で,構成は,8GB + 4GB でした.

なんとなく 6GB x 2 枚で 「デュアルチャネル」にしてるのか,と思っていましたが,DDR3,4 では無理な感じです.

デスクトップパソコンのメモリー Dell Inspiron 3670 内蔵の12GBメモリー

 

関連プロダクト(アマゾン)

(Amazon US / Japan)  32GB(16GB x 2) DDR4 メモリー 2666MHz (PC4-21300) 

 USのメモリーはここで紹介しているもの.2台のパソコンで利用しています.有名メーカー製ではありませんが,問題なく使えています.

 Japan のメモリーは評価数が7万以上でかつ評価が良いもの(2020年12月調査時).

 

記事の階層構造 系統性

← ガジェット

 PC パーツ(トップ)
 ・PCケース メンテナンス
 ・マザーボード
 ・CPU
 ・メモリー
 ・ネットワークカード NIC (WiFi, LAN)
 ・内蔵ディスク(SSD, HDD)
 ・外付けディスク(安心ミラーバックアップで Google / Apple クラウド利用量削減)