クレジットカード強制解約

アメリカのクレジットカード 強制解約 Account Closure

(スキャン図)Citi から届いた クレジットカード解約レター

 

 

クレジットカードの解約通知(発行会社理由)

 クレジットカードはしばらく利用しないと解約されることがあります.

 下は Citi から届いた "Notice of account closure" レター

アメリカのクレジットカード 強制解約 Account Closure

We're sorry we weren't the right fit という見出しから始まり,

Because of the length of time your Citi ThankYou Preferred MasterCard account has been inactive, we've closed it.

と続いています.

 

 重要なのはこの2行だけ.

 Citi のクレジットカードをしばらく(1年以上のはず..)使っていなかったら届いたものです.

 

 

古いクレジットカードをキープしたい場合

 古いクレジットカードほど長いクレジットヒストリーが付きます.

 より良いクレジットスコアをキープするには,より古いクレジットカードを持ち続けるのが重要です(保有期間のファクター).

 

 その古いカードがメインカードでない場合でも,定期的に利用することにより,このようなカード発行会社理由での解約(強制解約)を防ぐことができます.

 

 この例のカードは年会費無料のカードですが,年会費無料のカードは,利用しないと強制解約になる可能性が高いかと思います.

 カード発行会社の負担は,カード発行,アカウント管理,会社の個人情報に関する指針レターの郵送など,いろいろな費用あるため,カードを利用しない人にカードを発行するのは無駄ですので.

 

 メインカード以外のカードの利用方法ですが,例えば,アマゾンの買い物時に,もし少額の場合にたまに利用する,などがいいかな..,と思います.

 

 クレジットカードの強制解約の連絡は,何の前触れもなく届くので,注意しましょう.

 レターが届いた時には,カードがもう使えなくなってます.

 

 

関連記事

クレジットカード・会員カードの整理に便利なカード入れ

クレジットカードフォルダー クレジットカードの整理

 

 

 

(アマゾン ジャパン)  カードケース
  大容量 薄型

 

(Amazon US) カード入れ
  旅行時にも便利(記事