現在地

車のバッテリーの充電 チャージ

車のバッテリーのチャージ 充電

 

 コロナウイルス感染拡大によるリモートワークで,車をしばらく利用しなかったらエンジンがかからなくなりました.

 社内のランプは点灯するので,バッテリー以外の原因かと思いましたが,充電したらエンジンがかかったので,原因はバッテリーでした.

 ホンダ純正のバッテーリーを取り替えてから8年目です.

 

 今回利用したバッテリー充電器,ディラーへ車に持っていく時にバッテリートラブルが発生した場合の備えて準備したジャンパーケーブルを紹介します.

 

カーバッテリーチャージャー

 比較的安いものです.2012年にアマゾン(US)から購入したものを見つけました.

 アメリカの車のバッテリーチャージャー

 

ランプで状態表示

 赤色と緑色に光ります.車の充電は「応急用」なので,緑にならなくても,充電されたら車屋さんでバッテリーを交換すると良いと思います.

 アメリカの車のバッテリーチャージャー

 

バッテリーの電圧測定(充電前)

 数時間の充電では全くだめでした.9.64V.

 アメリカの車のバッテリーの電圧確認

 

バッテリーの電圧測定(充電後)

 半日充電したら,9V代から12V代に回復し,エンジンがかかりました.

 続けて2日間充電しました.充電器はちょっと熱くなっていました(後半で紹介)

 アメリカの車のバッテリーの電圧確認

 

関連プロダクト(アマゾン)

 (US / 日本) バッテリー充電器(アメリカのものは上の写真のもの)

 

 

ジャンパーケーブル(ブースターケーブル)

 10フィートのジャンパーケーブルは車内に置いていましたが,ガレージ内に並べて停めている場合,短くて,2台の車のバッテリーを接続することはできませんでした.

そこで,20フィートのジャンパーケーブルを購入しました.これであれば十分届きます.

 短すぎるとつながらない,長すぎると重くなる,ちょうど良い長さだと思います.日本だと,5m以上あれば良いと思います.

 

20フィートのジャンパーケーブル

 ケーブルに接続順序の番号が書いています

 アメリカのバッテリージャンパーケーブル 20ft

 

 付属ケース

 アメリカのバッテリージャンパーケーブルのケース

 

付属ケース

 「救援車」のバッテリーの端子との接続順序が書かれていて安心です.

 アメリカのバッテリージャンパーケーブルのケース

 

接続順の説明

 アメリカのバッテリージャンパーケーブル 接続方法

 

関連プロダクト(アマゾン)

 (US / 日本) ジャンパーケーブル(アメリカのものは上の写真のもの)

 

 

電圧測定(テスター)と温度測定(赤外線放射温度計)

 バッテリーの電圧はデジタル表示のテスターで測定しました.

 表示部がライトアップされて暗くても見やすいです.

 アメリカの車のバッテリーの電圧確認

 

関連プロダクト(アマゾン)

 (US / 日本) テスター(アメリカのものは上の写真のもの)

 

 バッテリーの温度は,赤外線放射温度計で測定しました(万が一のやけどに備えるため?).

 アメリカのバッテリーの充電

 

 バッテリー充電器の ACアダプターも熱くなっていました.ガレージの気温が 17℃に対し,41℃でした.

 アメリカのバッテリーの充電

 

(US / 日本) 赤外線放射温度計