現在地

アメリカでの小切手の書き方・使い方

小切手(チェック)の書き方サンプル・入金方法

 

記事の階層

 マネー・クレジット

 アメリカの銀行・通貨(トップ)
 通貨:コインとお札
 ・小切手の書き方
 ・日本へ送金

 

アメリカの小切手の書き方

 日付・宛先・金額(数字)・金額(英字)・メモ・サイン を記入します(上の青字).

 金額の欄には追加書きされないように,空白ができたら線を入れます.

 数字と英語標記で金額を入れる欄があるのは,数字の上書きで金額を代えられるのを防 ぐため.

 サインは英語,日本語どちらでも大丈夫ですが,口座開設時に登録しているものを利用します.

 

 Date:  小切手を書いた日の日付(未来の日付だと換金できません)

 Pay to the order of: 小切手を払う人の名前・団体名

 $:    数字で金額を書く

 Dollars: 英語で金額を書く(数字で書いた金額と同じ)

 For:    支払いのメモ(自分用のメモなので日本語でも大丈夫)

 サイン: 銀行に届けているサイン(漢字で届けている場合は漢字で)

 

小切手の利用方法

 最近では,銀行口座からの直接引き落しが普及してきましたが,それでも,小切手は,クレジットカード,家賃,Utility の支払いなどによく利用されています.
小切手は銀行の口座で最も一般的な "checking account" (小切手口座)を開設すると発行されます(無料の場合もある).

 

 

換金方法(銀行窓口)

 小切手をもらったら,銀行に持って行き自分の銀行口座に入金できます.実際に入金されるまで(小切手がクリアされるまで)には1日以上かかります.

 

 

換金方法(モバイル スマホ)

 スマホの銀行のアプリを使っての入金も普及してきました.

 私が口座を開設している銀行(3つ)は,全てスマホによるモバイル入金に対応しています(2020年時).

 iPhone でも Android Phone でもアプリがあれば大丈夫です.

 

 モバイル入金は,銀行のアプリを立ち上げ,入金額を入力した後,スマホで小切手の表,裏の写真を撮影して行います.

 小切手をスマホに表示される枠内に入れ,しばらくすると自動でピントが合い写真が撮られます.

 アメリカの小切手のオンライン入金 スマートフォン利用 iPhone SE

 

 アメリカの小切手のオンライン入金 スマートフォン利用

 (写真:スマホのモバイルアプリで小切手の表を撮影)

 

 この時,気をつけないといけないことは,小切手の裏面の上部に

 "ENDORSE HERE"

 と書かれたたところに,アプリで指定された通りに書き込みを入れることです.サインではありません

 

 今まで書いたことがあるのは,

 "For Mobile Depost"

 "For deposit only to Fidelity"

 です.上は Elevations Credit Union 銀行の指定,下は Fidelity Investment 銀行の指定です.

 小切手 ENDORSE HERE 書き方 スマホでオンライン小切手入金

 

 銀行の指定通りに書き込んでください.

 間違うと入金が受け付けられず,アプリからレポートがあったり,銀行からemail や電話で連絡があります.

 (間違ってもペナリルティを課せられたことはありません.今までは..).

 

 アメリカの小切手のオンライン入金 スマートフォン利用 確認画面

 (写真)スマホでの小切手入金の最終確認画面例.ここで Deposit(入金)ボタンを押すと手続きが行われます(銀行で最終確認,小切手がクリアされるまで,数時間から1日くらいの時間を要します).

 

 

記事の階層構造 系統性

 マネー・クレジット

 アメリカの銀行・通貨(トップ)
 通貨:コインとお札
 ・小切手の書き方
 ・日本へ送金