現在地

Windows パソコン 選定

Windows パソコンの選定

 アメリカのパソコン選び

記事の階層

← ガジェット
 Microsoft / Windows(トップ)
 ・Windows パソコンの選定(ノートパソコン)
 ・超小型パソコン GPD Pocket 2
 ・Surface Go LTE

 

はじめに

 もうすぐアメリカの学校の新年度が始まります(2020年8月,コロラド).Office Depot/ Max, Satples の広告では,文具やパソコンがセールで販売されています.

 ちょうど,日本の友人から Windows パソコンの選択の相談もあったので,パソコンの仕様に関する解説を兼ね,ストレスなく仕事に利用でき,安いパソコンについて考えてみます.

 私のパソコン経験は,小6から.MSX, X-68000, Mac (Classic II), DOS-V, しばらく Linux(研究開発), Windows 2000, Mac OS X, Windows 10(少し)で,日本・アメリカの研究所でのパソコン組立数は数十台(3桁に近いはず)です.

 

Windows パソコンの選択

Lenovo パソコン

 学校のオンライン授業・レポート作成,会社・事業で仕事がストレスなくでき,なるべく安いパソコンを,Staples の広告から選びました(2020年8月上旬の広告).

 アメリカのパソコン Lenovo 比較

 

 個人的に一番好きなメーカーは Dell です.安くて,汎用性のあるパーツが利用されているので,ドライバー(OSでハードウエアのパーツを動作させるソフトウエア)の相性問題が少なく,パーツの交換も他のメーカーより簡単にできます.Lenovo は IBM ThinkPad の技術が利用されているので,好きなほうです.

 今回,Staples の広告から Lenovo のパソコンを,上の Lenovo の2機種から,右の "Lenovo IdeaPad 3 laptop with Intel Core i3 Processor" をお勧めに選びました.この性能で $400なので,コストパフォーマンスが良いと思います.

 

2機種について

2機種の簡単な説明(アマゾンの説明)

 (左) Lenovo IdeaPad 3 laptop with Intel Pentim Processor

  → Lenovo IdeaPad L340 81LG0041US 15.6" Intel Pentium Gold 5405U 
   4GB Memory 1TB HDD 2.3GHz Windows 10 DVD+RW Laptop - Platinum Gray

 

 (右) Lenovo IdeaPad 3 laptop with Intel Core i3 Processor

  → This item Lenovo ideapad S340 15.6" HD LED Backlit Anti-Glare Display Laptop, 
   Intel Core i3-8145U 2.1GHz up to 3.9GHz, 8GB DDR4, 128GB NVMe SSD, 
   Bluetooth, USB 3.1, HDMI, Webcam, Windows 10

 

 

性能比較・選定理由

(左) Pmeitum   $250   (右)Intel Core i3   $400

セール価格:   $250              $400

 → セール価格 $250 は魅力的であるものの,パソコンがサクサク動作してくれないと,仕事効率が下がり,将来的に見ると仕事・ビジネスの「機会損失」になると思います.

 

 

ディスプレイ:    15.6' FHD (1,366 x 768) 共通

 → フルHD で 15.6インチのディスプレイで,文字が小さすぎず,大きすぎず,一般的用途には十分だと思います. 

  (解像度が高くてもディスプレイ画面が小さいと,文字が小さく見にくいです)

 

 

CPU:      Pentium Gold 5405U     Core i3-8145U

 → インテルの i3, i5, i7 は標準的なCPU.コストパフォーマンスも良いと思います.

  上の 2つのCPUの性能差は約2倍あるようです. 

   CPUの性能差はベンチマーク結果を公開しているサイトで確認できます(例 cpu-monkey)

  アメリカのパソコン選定 CPU

(参考写真)パソコンのCPU(デスクトップ機から取り出したもの).全てインテル Core CPU.

 

 

内蔵メモリ:   4GB RAM            8GB RAM

 → この時代で 4GB のメモリは非常にストレスが多いと思います.オンライン授業で動画を使い,調べごとでウエブサイトを複数開くと4GBでは動作が遅くなることが予測されます.

  後でメモリを追加するより,最初から増設してあるものを購入した方が安上がり,かつ,手間(と自分で交換する場合のリスク)がかかりません.

 アメリカのパソコン選定 メモリ

(参考写真)パソコンのメモリ(上の2つはデスクトップ用,下はノートパソコン用).数値モデルを運用するため大容量のメモリを利用していました.

 

内蔵ディスク:  1TB ハードディスク       256GB SSD

 → ハードディスク(中の円盤が回転するもの)は容量が大きいものでも安くて良いのですが,稼働部分のないメモリでできたSSD の方がデータ転送速度,信頼性が高いので,選択するなら SSD.

 アメリカのパソコン選定 SSD

(参考写真)ノートパソコンのSSD(Dell 9から取り出したもの,MacOSX がインストールできました).

 アメリカのパソコン選定 SSD

(参考写真)9mmサイズハードディスクと同じ大きさのSSD.数年前は,このタイプが標準的で簡単に入れ替えができました.

 

 

OS:          Windows 10 (共通)

 → ソフトウエアの互換性,サポート,改善された使い勝手から Windows 10 で良いと思います.

 

 

外付けドライブ:   なし(共通)

 → 必要であれば,USB接続の外付 DVD / CD ドライブを購入可能です. アマゾン USでは $25 くらいで売られています. 

 

 アメリカのパソコン選定 外付け DVD CD ドライブ

(参考写真)外付け DVD (CD兼用)ドライブ.ASUS製の USB2.0用.

 2009年にアマゾン(US)から購入しましたが,今でも問題なく使えます.

 

バックアップ:    例えば,外付けフラッシュメモリへ

 → データのバックアップは,例えば,USB3 接続(→ 記事「USB」)のフラッシュメモリの定期的の行うと,万が一ディスクにトラブルがあっても安心です.

 

 

関連プロダクト(アマゾン)

 (Amazon US / Japan) Lenovo のノートパソコン 上の$400のパソコン類似品

 

記事の階層構造 系統性

← ガジェット
 Microsoft / Windows(トップ)
 ・Windows パソコンの選定(ノートパソコン)
 ・超小型パソコン GPD Pocket 2
 ・Surface Go LTE