現在地

アメリカの学校の「数学」の系統性

記事作成中(事前公開中)

 アメリカの高校 Algebra  の教科書

 (写真)Algebra の教科書(→記事「アメリカの教科書」)

 

アメリカの学校の「数学」の系統性

はじめに

 アメリカの SAT の基本教科は英語と数学の2科目です(→「SAT アメリカの大学進学適正試験(センター試験)」).

 アメリカの多くの大学,そして,日本の帰国生枠の大学入試(記事「帰国生 日本の大学 -日本訪問不要-」)の多くでもSATのスコアが選考に利用されるので,数学は重要な科目です.

 ここでは,コロラド州ボルダー学区の数学教育の系統性をまとめた図から小学校後半から高校まで,そして,AP (→記事「AP (Advanced Placement)」)数学のクレジット取得までの流れを紹介します.

 

 

数学教育の流れ(小学校から高校まで)

 「通常」は標準的コース.

 +1年は,1年進行(飛び級)コース.途中にさらに分岐あり.

 +2年は,2年進行(さらに飛び級)コース.途中にさらに分岐あり.

  これは一般的な例であり,表になくても,+1年,+2年等に移行する場合もあります.

 飛び級は,数学の先生の判断により,年度の授業開始後に保護者に良いかどうか確認があります(コロラド州のボルダー学区の公立学校の場合)

アメリカの学校の数学の系統性

 アメリカの学校の学年については,記事「アメリカの学校 教育課程」を参照してください.

 高校の学年については,記事「アメリカの High School 高等学校」を参照してください.

 

 参考チャート:BVSD Mathmatics PK-12 Options Chart, Revised 2016-2017 (これ,カラフルすぎて,テキストが見にくいです)

 

 

 

AP

 関連記事「AP (Advanced Placement)

 AP (Advanced Placement)は,アメリカの大学のクラス相当の単元で,高校Junior にとっておくと,大学の願書に記載できます(間に合います).

 数学のAPは,

 ・AP Calculus AB 微分積分
 ・AP Calculus BC ABより高度な微分積分
 ・AP Statistics  統計

の3つあります(2020年11月時点).

 

 数学に関連するものとして,コンピュータ・サイエンスが2つあります.

 ・AP Computer Science A 
 ・AP Computer Science Principles

 

 AP が現地校で開設されている場合,APの成績は 高校のGPA 計算時に+1重み付けされます(重み付け GPA).ただし,大学では,重みなし GPA でのみ合否判断するところもあります.

 APが現地校で開設されていない場合(試験のみを受ける場合),高校の GPA には含まれません.大学入学後のクレジットにはなり得ます.

 

 大学が開設しているクラスと 取得したAP が適合すると判断されると,大学のクレジット(履修済み扱い,よってその分の授業料が安くなる)になります.

高校時代に AP を10個程度とっておくと,大学1年目は履修済みとなり,大学2年目からスタートになることもあります(知人のお子さん).

 

注意: 日本の大学(帰国生枠など)では,AP のクレジット(AP Japanese も含む)は大学のクレジットとして一切考慮されません

    ただし,テンプル大学(→ Temple University)日本校(→「テンプル大学ジャパンキャンパス」)など,アメリカの大学の日本校の場合,アメリカの大学なので AP に対応するクラスがあれば大学のクレジットとして考慮されます.

 (→記事「帰国生 日本の大学 -日本訪問不要-」)

 

関連プロダクト(アマゾン)

(Amazon Music US / Japan) グラフ用紙,方眼紙

 中学数学(+2年クラス高校相当),高校数学でよく使うのでまとめ買い.

 

(Amazon Music US / Japan) TI-84 Plus CE (カラー)

 現地校中学数学(高校相当のクラス),高校数学で利用するグラフ電卓 Texsus Instrument 製