SSD バックアップ・拡張ディスクとして

Sandisk SSD 2TB USB-C

(写真)SanDisk Portable SSD 本体と付属ケーブル

 

ポータブル SSD ディスク -バックアップ・拡張ディスクとして

はじめに

 データ転送速度の速い USB3 に対応した外付け ポータブルSSDは,バックアップ用,拡張ディスク用として便利です.

 ポータブルSSDは軽量・小型なので,パソコンのデータを定期的にバックアップしておけば,火事・地震・水害などの非常時に簡単に持ち出しできます.

 (すぐ近くで1000棟が全焼する火事があり数日間避難しましたが,全焼した家では地下の金庫まで溶けたそうなので,緊急時は持ち出せるようにした方が良いかと思います)

 

SanDisk Portable SSD

 フラッシユメモリと言えば信頼の SanDisk.

 最新モデルでなければ比較的安く購入できることがあります.

 

パッケージ

 下は520Mb/秒の製品です.特にバックアップ目的では最速でなくても十分かと思います.

Sandisk SSD 2TB USB-C

Sandisk SSD 2TB USB-C

 

付属品

 SSD ディスク本体の他,ケーブルが付属しています.

 ケーブルは市販のものを使っても問題ありません.

 ただし,転送速度が担保されているもの(USB-A の端子が青色の USB3 対応)でないと動作速度が遅くなります.

Sandisk SSD 2TB USB-C

 

SSD にはUSB-C端子 

Sandisk SSD 2TB USB-C

 

Mac で利用

 家族も使っています.

 比較的新しい Mac の場合,USB-C - USB-C 端子で接続できます.

Sandisk SSD 2TB USB-C

 

 Macで速度が出ない場合,USB2.0 ディスクとして認識されていることがあります.

 データコピーにやたら時間がかかる場合確認しましょう.

Sandisk Portable SSD スピード USB3

 

 ハードウエア設定で,USB 3.0バスの下に Portable SSD があることを確認できれば大丈夫です.

Sandisk Portable SSD スピード

 

速度が出ない場合(一般)

 今まで他のディスクも含め速度ができない場合の原因は

・ケーブルが高速伝送に対応していない(別途購入した場合)

・USB 2.0 デバイスとして認識されている

でした.

 

 Linux を VM Ware で走らせている場合,VM Ware の環境設定を行わないとデフォルトで USB 2.0 デバイスと認識されました.

 

 

パソコン内蔵の SSD も外付けSSDに

 パソコン内蔵の SSD が不要になった場合,外付けケースに入れると持ち運びできる外付けディスクとなります.

 最近の 内蔵SSD は小型なのでかさばりません(写真の左).

Sandisk Portable SSD 2TB

 

Sandisk Portable SSD 2TB

 

USB-C → USB-A アダプターがあると便利

 ケーブルは高速伝送対応のUSB-C(両端)を使い,必要に応じ,USB-C → USB-A アダプターを使うと,USB-A しかないパソコンのためにケーブルを用意する必要がなくて便利です.

 この時,アダプターはUSB3対応(端子が青色)のものを選びます.安い USB2のアダプターだと転送速度が極端に遅くなります. 

 

 

Sandisk Portable SSD 2TB

 

 

関連プロダクト(アマゾン)

(Amazon US / Japan)  USB Type C(メス) → USB 3.0(オス) 変換アダプタ- USB3.1 高速データ伝送

 

Sandisk Portable SSD 2TB

 

 

関連プロダクト(アマゾン)

(Amazon US / Japan) SanDisk エクストリーム ポータブル SSD 外付け 2TB SSD ディスク 

SanDisk SSD 外付け 2TB USB3.2Gen2 読出最大520MB/秒

 

 

関連記事

HDD 大容量ハードディスク

 WD 12TB USB3 Elements