地球・天空

地球・天空に関するブログ

By ted, 10 5月, 2024

オーロラ 2024年5月10日から北米で見える可能性

(図)NOAA SWPC(宇宙天気予報センター)の5/10 (金)のオーロラ予報

 

5回の太陽フレア

 2024年5月8日から10日にかけ,大規模な太陽フレア(太陽表面での爆発現象)が5回も観測されました.

 この爆発現象に伴い太陽から放出された電化粒子が5月10日頃に地球に到達するため,カナダの広い範囲,アメリカ北部で,普段オーロラが見られない場所でも見える可能性があります.

 オーロラ (Aurora)は,一般的に northern light と呼ばれています.

オーロラ 2024年5月10日から北米で見える可能性

 

 オーロラ予報は NOAA SWPC で確認できます.

By ted, 8 4月, 2024

皆既日食 2024年4月8日

(写真)月に隠された太陽.金星も見えます(iPhone 13 mini で手持ち撮影した動画をキャプチャ)

 

 

はじめに

 2024年4月8日のアメリカ皆既日食.ダラス・フォートワース空港(DFW)の駐車場で見てきたので紹介します.

 動画はYou Tube (リンク)で公開しています.

 

 多分,滅多に無い皆既日食(→ 記事「アメリカ(と日本)で見られる皆既日食」)を観る機会は,自分にとって一生でこれで最後のチャンスかな,と心の準備(歳を取ると移動も苦痛になるし,目も悪くなるし).

 

 

By ted, 5 4月, 2024

2024年4月8日 アメリカ皆既日食 天気予報

(キャプチャ図)NOAA WPC 提供の皆既日食時(4月8日 昼過ぎ)の雲予報(4月5日 時点)

 

皆既日食時の雲予報

 4月8日(月)昼過ぎの皆既日食(→ ブログ「アメリカ皆既日食 2024年4月8日: 場所,時間,天気,直接目で見るのは皆既時のみ,撮影方法」)まであと3日を切りました.

 

 これから予報日数が短くなるため,天気予報の精度も向上してきます.

 3日前くらいであれば,大雑把な天気の傾向は十分把握できるかと思います.

 

 

By ted, 13 1月, 2024

アメリカ中東部に強い寒波流入 2024年1月13日

(図)アメリカ中東部への寒気流入を示す大気の東西断面図(気温,2024年1月14日)

 

アメリカ中東部に強い寒波流入(1/13 - 1/15) 気温の大気断面図で見る気温分布

 アメリカ中東部に強い寒気が流入しています.

 

 下の図は1月12日の大気の東西断面図(気温分布図)です.

アメリカ中東部に強い寒波流入 2024年1月13日

 ロッキー山脈分水嶺(continental divide)上空から冷たい空気が地上に向かって降りてくる様子が確認できます.

 

 1月14日の気温分布図(下図)を見ると,カンザスからインディアナポリスの広い範囲で地上気温が -25℃まで下がっていることが確認できます.

By ted, 14 10月, 2023

アメリカ金環日食(部分日食) 2023年10月14日 コロラド州

(写真)部分日食(2023年10月14日).右上の黒い丸い影は月.

 

 2023年10月14日は,アメリカ南西部の州では金環日食,アメリカ全土では部分日食になりました.

 

観測は(マイクロフォーサーズ)カメラ1台で

 太陽は眩しすぎて欠けている様子は目では見えないので,カメラを設置し日食を観測しました.

 前回の皆既日食を見るために用意した日食観測用のグラス,双眼鏡がどこかにあるはずです.でも見つからず...

アメリカ金環日食(部分日食) 2023年10月14日 コロラド州

 

By ted, 13 10月, 2023

(図)金環日食が見えるエリア(NASAサイトから).全米の広い範囲で部分日食に

 

金環日食(annular solar eclipse)アメリカ本土南西部で 10月14日

 明日,2023年10月14日,アメリカ南西部の州を中心に金環日食になります.

 金環日食となるのは,下のマップ(NASA発行)の黒い太い線内のエリアです.

 

 金環日食とならないエリアでも,アメリカ本土の広い範囲で部分日食となります.

 下もNASAが作成したマップですが,かなり欠けて見えます.

 時間は NASA のリンクの上のマップをクリックすると確認できます.

By ted, 6 8月, 2023

NOAA SST 台風6号 2023年8月4日

(図)NOAA 海面温度マップ(2023年8月4日の観測)

 

台風6号 台風経路付近の海面温度の低下 新しい熱帯低気圧の発生

 非常にゆっくり移動している台風6号ですが,台風周辺の比較的広いエリアの海域の海面水温が低下していることがNOAAの海面水温マップから確認できます.

 

NOAA 海面温度観測値の変化

 以下は,太平洋西部における7月30日から8月4日までの海面水温マップ(NOAA SST グローバルマップを編集したマップ)です.

 黄色は28℃〜30℃,オレンジ色は30℃〜32℃,黄緑色は28℃〜30℃の領域を示しています.

 

By ted, 13 2月, 2023

太陽黒点の撮影 マイクロフォーサーズ

(写真)2023年2月12日の太陽面(DMC-GM5, Tokina SZX 400, F8, ND100000, ISO200, 1/1000)

 

 

 最近の太陽活動が活発になっています.

 下の写真は2023年2月12日の昼過ぎに家の庭(コロラド州)で撮影した太陽面ですが,大きな黒点(群)が5個確認できます.

太陽黒点の撮影 マイクロフォーサーズ

(写真)太陽面 カメラ(2023年2月12日): DMC-GM5(マイクロフォーサーズ), レンズ: Tokina SZX 400, F8,  ISO 200, シャッタースピード: 1/1000, フィルター: ND100000)

 

 先月(1月23日)撮影した太陽面では黒点(群)が1個しか確認できませんでした.

By ted, 5 2月, 2023

高層 ジオポテンシャルハイト 極渦

(図)極渦図(300hPa高)のサンプル

 

 北米と日本域の極渦アニメーションを公開します.

 これあは,アメリカ海洋大気庁(NOAA)の300hPa NOAAグローバルモデルの予報値から作成しています.

 

 

300hPa 北米 極渦 NOAAグローバルモデル予報マップアニメーション

 アニメーションは直近から約14日先までの図で構成されています.

 

直近(2月6日)

高層 ジオポテンシャルハイト 極渦 アメリカ周辺