現在地

日本の免許更新

運転免許証の更新

記事最終レビュー: 2015年10月

はじめに

    運転免許証の更新は,有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から,誕生日の1か月後までの2か月間可能です.この期間前に更新する場合は,期間前更新の事由を証明する書面(パスポート等,海外出張・滞在を証明するもの)を準備する必要があります.

    受付は,一般に,平日の(1)午前9時から午前10時まで,(2)午後1時から午後2時まで,の2回(オープン時間は,一般に,8:30〜17:00,12:00〜13:00は除く)ですが,受付場所により時間が異なることがあるので,事前に確認が必要です.

 

最新の更新記録(2011年1月)

    2011年の3月上旬で免許証の更新期限となるので,1月の日本一時帰国時に実家へ行き,運転免許証の更新を行いました.空港でレンタカーを借りて免許センターへ直行.私の管轄の免許センターでは,1日2回更新の受け付けを行っています.午後の受付前に行きましたが既に長い列が出来ていました.

    今回,ホームページで見た「規定」の写真を持って行きましたが,写真は免許センター内で撮影するので不要でした(都道府県,受付場所によっては,まだ写真を必用とするところがあるようなので,注意).新しい免許証は,本籍の情報が入ったICチップが埋め込まれており,それを確認するための4桁の暗証番号を2つ登録しました.この暗証番号がないと,ICチップ内にある本籍情報が参照できないそうです.また,今迄,「小型自動車」だった免許のカテゴリが「中型自動車(条件付き)」に変わっていました(呼び名が変わっただけで,運転できる車種に変更なし).このように,運転可能な車種の名称を代えるのは誤解を招き良くないと思います.

    受付時間内に免許センターを訪問した場合,視力検査に問題がなかれば講習後に免許証をもらえるので,受付の順番が遅いからといって慌てる必用はないと思います.写真撮影後,30分の講習を受けた後,新しい免許証が配布されました(5年更新のゴールド.日本では年に数回の一時帰国時にレンタカーを運転しています).記念として,受付から古い免許証(無効化されたもので希望した場合のみもらえます)をもらって免許証の更新終了.

    最近,免許証番号は,アメリカのソーシャルセキュリティ番号のように利用されている感じがします.今回,一時帰国のついでに,個人情報管理会社 CIC, KSCを訪問しクレジットヒストリーを取得したところ,開示申込書に運転免許証番号を登録する項目がありました.同姓・同名の場合,この免許証番号で本人を確実に識別するそうです.クレジットカード発行会社で,免許証番号を登録するところが,増えてきているそうです.免許証番号は1度発行されると,更新の度に番号が変わることがなく,かつ番号はユニークなので,日本版ソーシャルセキュリティ番号として利用するのに適していると思います.(2015年10月: もうすぐ「マイナンバー」で個人情報が統一管理されるようになると思います).

    海外に居住していることを示す書類があれば免許証を事前に更新できる(「期間前更新手続」)ので,更新期間に日本を訪問する予定がなければ,免許が切れる前の一時帰国時事前に更新することをおすすめします.

更新に必用な書類 (住所変更の無い場合)

    写真 サイズ: 3cm x 2.4 cm
    6ヶ月以内の撮影したもの
    無帽,正面,無背景で上三分身のもの
    裏面に氏名及び撮影年月日を記入したもの
    頭上3mm程度あける.
    各県警察のホームページで説明されています.
    現在有効な運転免許証
    申請手数料(講習区分により異なる)
    眼鏡(必用な場合)
    期間前更新手続きで,期間前に更新する場合は,期間前更新の事由を証明する書面が必要

 

日本の免許証の更新(海外在住)

  免許センター 岩手県 免許センター 岩手県

免許センター

    一時帰国していて更新期間内には又出国していることが予想できる場合, 一滞在先が免許証の住所と同一であれば,「更新期間内にはまた出国している等やむを得ない理由の事実を証するに足りる書類」により,更新期間前に更新を受けることができます.

    詳細,特例事項は以下のページを参照のこと.
    運転免許 総合案内所

免許センターに掲載してある受付時刻

  免許センター 岩手県

 

2006年6月の事前更新情報
    次回,いつ一時帰国できるか不明なので,6月の出張・VISA スタンプ取得を兼ねて,免許センターへ行き,期限切れ1年前の免許証の更新手続きを行いました.

    受付時間に制限(午前は9時から10時)があるのを知らなかったものの,9時前に到着したので十分間に合いました. 事前にホームページ,あるいは直接電話にて受付時間を確認することをおすすめします.

    「更新期間内にはまた出国している等やむを得ない理由の事実を証するに足りる書類」というのが曖昧なので,出入国記録のあるパスポートの他,今回のVISAスタンプ取得に必要になった書類の写し一式,アメリカで働いていることの証明(ボスのサイン入り),サラリーの内訳の写し,そして,U.S. Goverment (アメリカ政府職員)ID 等,考えられ得るものを全て持って行きました. 結局,IDカードを見せただけで足り,その場で簡単な書式の理由書を1枚書いた.

 あとは通常の更新のように,視力検査,写真撮影,優良運転者講習(30分)を受けて免許証を受け取りました. 待ち時間を含め,所要時間は約2時間30分.費用は,2,950円のみ. 講習区分により費用が異なるので注意.

 

リンク

運転免許 総合案内所

運転免許 総合案内所 : 運転免許証の更新について詳しく説明しています.
 http://www.unten-menkyo.com/