アメリカの病院・クリニック

記事最終レビュー: 2016年3月

はじめに

 アメリカでドクターに診てもらうには,救急・緊急でない場合予約が必要です.

 

 一般に,緊急でない場合,主治医(自分で選択可)に診てもらい,必要により専門医に診てもらいます.予約は,当日や翌日,混雑している時は1週間くらい取れないことがあるので,子どもの風邪の症状が悪化した時などすぐ診てもらいたい場合は,主治医以外で予約が空いているドクターに診てもらうか,時間外で診てもらいます.

 

診療時にかかる Copay (自己負担金)例

 多くの健康保険(参考:「アメリカの健康保険料」)では,copay と呼ばれる自己負担金を支払います.

 通常,一般診療〜時間外はクリニック・病院の訪問時に copay を払い,救急・入院の場合は後で届く請求書を受け取ってから支払います(訪問時に必要書類にサインします).

 copay の料金は保険によって大きくことなります.同じタイプの保険でも,会社が提供するグループタイプによっても copay料金が異なります.

 

 Kaiser (コロラド)のCopay 2016年3月時

診療内容 Copay
 一般(Primary Care)  主治医に診てもらう場合・風邪など $30
 特別(Special Care)  アレルギー科,皮膚科など $60
 時間外(After-Hours)  予約が取れない場合.ある程度緊急を要する病状 $75
 救急(Emergency)  緊急を要するもの(強いアレルギー反応など) $500
 入院(Hospital)  入院を要すると診断された場合 $500

 

 

救急利用例

  アメリカの病院 アメリカの病院

 娘が学校でピーナッツを食べ強いアレルギー反応があったので,自分で運転して近くの救急病院に連れて行きました(救急車を利用すると,もし保険がきかない場合$6,000を超える請求があるので).

 飲み薬は受けつかなかったので,静脈点滴で抗ヒスタミン剤を注射し少しずつ症状が回復しました.この病院の滞在時間は約4時間.

 このときかかった総費用は $500 (copay).健康保険が提携している病院で,copay だけで済みましたが,そうでないと請求金額は非常に高額になります.

 

 

関連コンテンツ

健康保険(歯科保険)
アメリカの健康保険料

 

アメリカの病院・クリニック