現在地

アメリカから日本への送金

アメリカから日本への送金

記事最終レビュー: 2015年9月

アメリカの銀行からの日本の銀行への送金手続き: 新生銀行宛

 日本の銀行の残高が少なくなってきたので,2014年2月に初めて,アメリカの銀行から日本の銀行へ送金しました.利用したのは,Fidelity .Fidelity 支店 (コロラド州 Broomfield 支店)に直接訪問しました.

 Fidelity では,Fidelity の手数料 $15, 中間銀行手数料,受取銀行手数料,がそれぞれかかる(可能性がある)と念押しされましたが,結局どこからも手数料を徴収されませんでした.

手数料一覧

(1) 送金手数料
 通常は$15が,"Active Trader"(個人年金運用) なので無料にしてくれました.

(2) 中間銀行手数料
 予想不可能,結局徴収されませんでした.
 窓口では,中間銀行がどこか知らないかときかれましたが,そのような情報はどこにもありませんでした.また,分かったとしても,都度変わる可能性もあります.

(3) 受取銀行手数料
 新生銀行ではドルで受け取るので手数料無料.

所用日数

 実質1日 (Fidelity 金曜午前振込,新生銀行翌月曜午前受取)

 用途: 尋ねられませんでした.きかれたら奨学金弁済 (student loan の支払い)と答える予定でした.

 為替レートも当日のレートに近いもの(1%未満の違い)だったので,手数料も取られず,空港で両替するよりもかなり良かったと思います.