現在地

College Decision Day 大学選択期限

College Decision Day 5月1日

アメリカの大学

  関連コンテンツ: 大学選択期限出願と合否判定奨学金529プラン教育資金授業料費用

 

最終更新: 2019年5月

National College Decision Day 

  毎年,5月1日は,アメリカの高校4年生(シニア)が,アメリカの大学をどこにするか決める最終期限日です.

 

アメリカの大学

 

 2019年度のアメリカの大学への入学の傾向を紹介します.

ニューヨークベースの情報から(引用記事 2019年4月).

 

1.高い大学費用

 ある私立大学では,大学費用が$70,000(1年間)を超えるとこがあり,シニアの生徒と家庭で大学を選択するときに一番検討されるのは,その費用と捻出方法.これは,ここ数年の間,続いている傾向だと思います.

 関連コンテンツ: 大学費用の比較(コロラド)

 

2. 入学許可が家庭の収入に依存しない(Need-Blind)というのは通用されなくなってきている?

 多くの大学は,家庭が大学費用を払えるかどうかを入学基準にしてない(Need-Blind)と言っているものの,例えば去年(2018年度)は SATスコア 1500 で問題なく入学許可をもらっていたシニアの学生が,今年(2019年度)は,家庭が大学費用を払える能力により,ウエイトリスト(入学許可: accepted, キャンセル待ち: waitlisted, 入学不許可: denied)になっている例が紹介されていました.

 関連コンテンツ: SAT

 

3. 州立大学が人気

 私立大学の費用が高くなっていることから,州立大学(public)の人気があるようです.

 

4. 州立大学の安い大学費用に対抗し,一部の私立大学でも費用の値下げ対抗.

 ただし,人気のある私立大学では費用は下げていないそうです.

 

5.メリットベースの奨学金をもらう

 私立大学の高い費用を十分安くできる給付型奨学金(返済不要)をもらう例として,SATスコア 1,310 GPA 3.6のシニアの学生の例があります.その学生は,10個の大学に申し込み,8つの大学から入学許可を取得,1つは不可,1つのはウエイトリストになったそうです.

 関連コンテンツ: 奨学金 給付型, SATGPA