現在地

Boot Camp MacでWindows 11を利用する

  Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

  (写真)Mac Book Pro (2019)で立ち上げた Windows 11

 

Boot Camp MacでWindows 11 を利用する

はじめに

 記事「Boot Camp MacでWindows 10 を利用する」で紹介しましたが,Mac で Windows を利用するには,Parallels社の Parallels Desktop,VMware社の VMware Fusionなど,仮想化ソフトウエアを使う方法があります(Mac M1 チップは インテルチップでなくARMチップなので非対応,2021年2月時点).

 今回は,MacBook Pro (2019,インテル CPU)上でWindows 11 を「ネイティブ」に動作させる方法を紹介します(「Windows パソコンとしても利用する」方法).

 Windows 10 と同様に,Apple が無料で提供する(MacOS にツールとして含まれている) Boot Camp とツールを使い Windows 11 をインストールできます.

 

 実際に MacBook Pro にインストールした Windows 11 は快適に動作しています.

 Windows の「リモートデスクトップ」機能を快適に使いたい,など,快適なWindows 環境必要であればチャレンジする価値があると思います.

 

 いまのところ前回のようにトラブルはありませんが,OSアップデート時など,問題発生時には対応する,あるいは動作を諦める覚悟も必要だと思います.

 

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

0.参照情報・主要操作

参照情報

 Boot camp で Windows をインストールするときに参照となるのは,アップルの記事です.

 基本的に,Windows 10 をインストールするまでは,これに従い比較的簡単にできます.

Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールする」,アップル

 

主要操作

・OSの切替: 起動時に Option キーを押して,Windows, MacOS を選択する(下の写真).

起動するOSの選択 Boot Camp MacBook Pro で Windows10 を利用する

 

 

1. Windows 10 ISO イメージのダウンロード

 Microsoft の"Download Windows 10 Disc Image (ISO File)" から,WIndows 10 の ISO イメージファイルをダウンロードします.

 ダウンロードにおいて,個人情報の入力は必要ありません.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows10 を利用する

 私の場合,

・Windows 10 (multi-edition ISO)

・Language: Japanese 

・64-bit Download 

 を選択し,ダウンロードしました.

 

 

2. Boot Camp アシスタントの実行

Boot Camp アシスタントの実行

 アプリケーション → ユーティリティー → Boot Camp アシスタント.app を立ち上げると,以下のような画面になります.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows10 を利用する

 

パーティションの作成

 私の MacBook Pro の内蔵SSDのサイズは1TBです.

 ここから,Windows で利用するディスクを確保します. 

 上のアップルの参照情報では,「128 GB 以上の空き領域を確保しておけば、快適に利用できます」と書かれていたこと,既に SSD は700GB ほど使っていたので,128GBに少しだけ加えて 約130GB に設定しました.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows10 を利用する

 

Boot Camp アシスタントの処理

 Boot Camp アシスタントは,以下の画面からなかなか進まないことがありますが.前回の MacBook Pro Mid 2015 機に導入した時と同じく,気長に待ちます.

 (止まったように見えた時は,関係ないフォルダーを開けたり閉じたりしてみました.それが引き金になって動き出すのを期待..)

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows10 を利用する

 

 

3.Windows 10 のインストール

 以上,BootCamp アシスタントがうまくいくと,ISOイメージから Windows 10がインストールされます.

 インストール過程でプロダクトキーが確認されるので,購入したパッケージ内にあるもの,あるいは,オンラインで購入した時に発行されるプロダクトキーを入力します.

 

 注意: マイクロソフトのアカウントを入力する時,日本語入力となっていて,英語入力ができません.

 「ALT  +  `」キーで英語に切り替えできますが,Mac の英語キーボードの場合,ALT キーは Option キー になるので,「Option  +  `」キーで切り替えが必要です(この問題の解決に余計な時間がかかりました).

 

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 インストール終了後,Boot Camp インストーラーが自動で実行されます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Windows 10 のセットアップ完了画面

 以上で Windows 10 のセットアップが終了します.

 今回はトラブルなくインストールすることでがきました.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

4. Windows 11 へのアップデート(インストール)準備

MediaCreationTool.bat のダウンロード

 Windows11 へアップグレードするには,「TPM 2.0 サポート」( Trusted Platform Module,デバイス上でセキュリティ機能を提供するためのモジュール)要件を満たす必要があります.

 MacBook Pro (2019)はTPM 2.0 の機能があるものの,利用されていないので,「TPM 2.0 サポート」要件を満たしていないと認識されます.

 それを無効にするツールが,MediaCreationTool.bat  です.

 これは,GitHub の https://github.com/AveYo のリンクからダウンロードできます. 

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 上の MediaCreationTool.bat のリンクをクリックします.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 Code (矢印)ボタンから Download ZIP を選択するとダウンロードできます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

Windows 11 ISOイメージのダウンロード

 次に,マイクロソフトから,Windows 11 のISOイメージをダウンロードします.

 "Download Windows 11",マイクロソフト (https://www.microsoft.com/software-download/windows11

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 上のページから,"Download Windows 11 Disk Image (ISO)" をブロックに進み,

・Windows 11 (multi-edition ISO)

・Language: Japanese 

を選択しダウンロードします.

 

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 ISOファイルは約 5.2GB あります.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

Windows 11 のインストール

setup.exe の実行

 ダウンロードしたISOイメージ内の setup.exe (矢印)をクリックして起動します.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

「Windows 11 のインストール」ウインドウが表示されるので,次に進みます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

TPM 2.0 サポート不備のメッセージ

 以下のように,TPM 2.0 がサポートされていない,とエラーが出ます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Skip_TPM_Check_on_Dynamic_Update.cmd 実行

 さきほどダウンロードしておいた MediaCreationTool.bat  を展開し(フォルダーはどこでも大丈夫),Skip_TPM_Check_on_Dynamic_Update.cmd をクリックして実行します.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Microsoft Defender SmartScreen で詳細情報をクリック

 この時,以下のような Windows の警告画面が出ます.

 「詳細情報」を押して次に進みます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Microsoft Defender SmartScreen で実行を選択

 以下の画面になるので「実行」ボタンを押します.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

Windows 11 をインストール

 再度, Windows 11 のISOイメージ内の setup.exe (矢印)をクリックし,もう一度 Windows 11 のインストールにトライします.

 その後はスムーズに進みます.

 

Windows Server セットアップ

 希望する項目を選択し進んでいきます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Windows 11 インストール実行

 Windows 11のインストール中の画面の写真を以下に示します. 

 止まることなくスムーズに進んでいきます.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

Windows 11 インストール後の処理

 Windows 11 インストールの最終処理の画面です.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

MacBook Pro (2019) Boot Camp で Winodws 11 の起動

 これで,無事,Windows 11 が MacBook Pro にインストールできました.

Boot Camp MacBook Pro 2019 で Windows11 を利用する

 

 

 

トラブル一覧

・今のところトラブルはありません.発生したら追記していきます.

 

 

 

関連プロダクト(アマゾン)

(Amazon US / Japan)​ Windows 10 OS Home 

 

関連記事

Windows 10,他のOSと併用,日本語 Tips 英語版キーボード

 

記事の階層構造 系統性

← ガジェット
 Apple / Mac(トップ)

 ・GarageBand 楽譜作成・移調(Apple の無料音楽アプリ)
 ・MacBook White
 ・Mac Tips
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・Boot Camp MacでWindows 11を利用する
 ・Boot Camp MacでWindows 10を利用する
 ・アップルストア