日本語の保持

最終更新: 2018年11月

 

家庭

・家庭でしっかりした日本語を使う(基本).

 

補習校

・目的意識を持って通う.週1回だけの補習校に通うだけでは日本語の上達は望めない

 → 家庭での日常の日本語の利用が必須

 → 保護者の毎日の宿題のサポートが必須

(関連コンテンツ 「日本語補習校リスト・意義」無料の絵本もあります.)

 

日本語の本を読む

・普段の日本語会話ができる「日常会話言語」と,読む・書く「学習言語」の間には大きな差がある.

 → 日本語の雑誌,マンガ,絵本,書籍,興味のあるものから始め,広げていく.

(関連コンテンツ 「子どもの読書」 「Amazon Kindle キンドル」無料の絵本もあります.)

 

現地高校では,AP Japanese にチャレンジ

・AP Japanese クラスがある学校では GPA にも影響する.

(関連コンテンツ 「AP (Advanced Placement) Japanese Language and Culture」)

 

 

日本語の保持