USAJPN トップページ  USAJPN.COM 「アメリカ生活情報」コンテンツのカテゴリ 
アメリカカレンダー アメリカ行事・イベント アメリカ生活 アメリカショッピング・クレジット アメリカ州一覧 アメリカ生活用語集
アメリカビザ,入国,航空,空港情報 日本への一時帰国・出張 アメリカガジェット・パソコン アメリカ生活ブログ アメリカガジェットのブログ USAJPN モバイル

usajpn.com -> PC ->Dell Inspiron Mini 9


「無音パソコン」 Dell Inspiron Mini 9 メモ

(Dell Vostro A90 は small business 用の同等のネットブック)

仕様と情報
アメリカで買える SSD , Mac OS X Leopard
Links

トピックス



 Super Talent 128GB SSD 置換 (2009-12)


 「ネットブックをアップグレードする7つの方法」
Dell Inspiron mini 9, PC World, November 2009 号の記事から (2009-11)

 SSD 搭載でCPUもファンレスで,無音に限りなく近い Dell Inspiron mini 9 .2008年〜2009年夏までヒットしたものの,残念ながら現在では販売終了になった.

 mini 9 は,ネットブックと呼ばれるカテゴリのラップトップパソコンで,メールやブラウザの利用など,軽い作業では快適に利用できる.また,「無音」であることから飛行機内でのビデオプレーヤー,電話サーバー,図書館で辞書としての利用などにも利用できる.スピーカーはまずまずなので,ミュージックプレーヤーとしても良さそうである.トイレでのインターネット接続用に利用している人も多いようだ (PC World 誌).

 新品が $199 から購入できるのみ魅力である.ネットブックはそのCPUの性能から,最高でも$300くらいに値段設定でないと売れないと思う.ちなみに,毎週来る新聞の折り込み広告を見ると,Dual Core CPUのラップトップパソコンが,新品セールで$300代で購入できる.

 ここでは,Mini 9 のメモリ交換,SSD交換,OSのインストール,活用法,アップグレード法について紹介する.

Dell Inspiron Mini 9 の仕様と情報

プロダクト名 Dell Inspiron Mini 9
販売終了 2009年5月29日
CPU Diamondville Intel Atom N270
(1.6 GHz/533Mhz FSB/512K cache)
CPU 周波数 1.6 GHz
CPU 型名 Intel Atom N270
メモリタイプ DDR-2
PC2-4200(DDR2-533)
PC2-5300, PC2-6400 互換あり
最大搭載可能メモリ 512 MB, 1GB, 2GB
ハードディスクタイプ SATA 9.5mm
最大搭載可能HDD 4/8/16/32/64 GB SSD
LAN 10/100 Mbit Ethernet
Wireless LAN 802.11b/g
VGA Intel GMA950
ビデオ出力 VGA 15-pin output
LCD Glossy 8.9" (22.6 cm)
1024x600 LCD (133 dpi)
USBポート数 3
バッテリー 4セル,14.8V, 2300 mAh, 32Wh, 型番 W953G
PC World 誌による計測テスト: 3時間34分
カードリーダー 4-in-1 Flash Memory card reader
オプション 0.3 or 1.3 Megapixel Webcam
Bluetooth
OS Windows XP Home ULCPC SP3
Dell Ubuntu Netbook Remix with and without Moblin

アメリカで買える SSD (32GB以上のもの)

メーカー名 プロダクト名 最大スピード
連続読込・書込
メモ
2009-11
128 GB
Super Talent 128GB MLC DW Half Mini 2 PCIe SSD
Mfr Part Number: FDM28GFDL
[注] WWANソケットが空いている時のみ装着可能.
80MB/sec
40MB/sec
$320
64 GB
Super Talent 64GB MLC DW Half Mini 2 PCIe SSD
Mfr Part Number: FDM64GFDL
80MB/sec
40MB/sec
$175
KingSpec Mini PCI-E PATA IDE 64GB SSD
Mfr Part Number:
63MB/sec
30MB/sec
$220
32 GB
Runcore Pro IV 50mm T-Style PCI-e PATA 32GB SSD
Mfr Part Number: RCP-IV-P5032-C
62MB/sec
81MB/sec
$130
USB接続可
Buffalo SHD-DI9M32G 32GB SSD
Mfr Part Number: SHD-DI9M32G
75MB/sec
35MB/sec
$130
Super Talent 32GB MLC HALF Mini PCIe SSD
Mfr Part Number: FEM32GHDL
40MB/sec
15MB/sec
$113
KingSpec mini PCI-E PATA IDE 32GB SSD
Mfr Part Number:
63MB/sec
30MB/sec
$110

Leopard (Mac OS X) のインストール

準備
  • Mac OS X Leopard 正規版(バージョン 10.5.6 まで)を購入する.
  • 16GB 以上のSSDを用意し入れ替える.32GBあると十分.
  • DellMiniBoot123 の isoイメージをダウンロードし,CD-R に焼く.
  • 外付けUSB接続DVDドライブを用意する.
    ここで安いDVDドライブの場合,EBIOS read error: Device timeout, Block XXXXX Sectors 64 のようなエラーが出やすくなるので,より良いドライブを準備する.
  • Leopard の DVD のバージョンが 10.5.6 より古い場合,Apple からアップデートパッケージをダウンロードしておく.アップデータは1つ前のバージョン(3桁目の数字が1つ少ないバージョン)からアップデートするパッケージで,コンボだと3桁目の数字によらずアップデート可能なのでコンボが良い.

インストール
  • BIOSで(起動時に数字キー2を押す)USB Legacy Support が Disabled になっていれば,利用可能 (Enabled) にしないとUSB接続のDVDドライブが利用できないので注意.
  • DellMiniBoot123 のCDを入れ起動する.BIOSでCD/DVDからブートする.
  • boot: 画面が出たらCDを取り出し Leopard の DVD インストーラーを入れる.
  • boot: で 9f と入力する.
  • 線(テキスト)が回転していればディスクを読んでいる. エラーが出たり途中でとまる時は,USB ケーブルを抜き差ししたり,DVDを取り出してまた入れたりして繰り返すと再び回転することがある.
  • インストーラーが無事起動してインストール開始準備になったら,上のメニューからディスクユーティリティを開く.
  • ディスクユーティリティで,SSD を MacOS ジャーナリング,GUIDにしてフォーマットする.
  • インストールを行う.
  • バージョン10.5.4 でインストールした場合,「インストールに失敗しました」と表示されるが無視して再起動する.

インストール後の設定
  • Time Machine のバックアップデータがある場合,そのバックアップを移行アシスタントでコピーそてから,以下の作業 (OSの 10.5.6 化,DellEFI のインストール)を行うと簡単.
  • DellMiniBoot123 のCDを入れ起動する.BIOSでCD/DVDからブートする.
  • boot: で 80 と入力する.
  • 最初に起動時に,ファイルの移行画面の後,ループになる場合がある.どうしてもループから抜けられない場合は,Time Machine からデータをコピーするなどすると抜け出せる場合がある.
  • Leopard が起動したら OS が 10.5.6 で無い場合,アップデータをインストールし,10.5.6 にアップグレードする.
    例えば,Apple からアップデートパッケージ MacOSXUpdCombo10.5.6.dmg などを利用する.
  • 再起動する.上の過程を繰り返し,再びLeopard を立ち上げる.
  • DellMiniBoot123 のCDからユーティリティを開き DellEFI をインストールする.
    Time Machine からデータをコピーした場合,Custom 設定で再インストールしないと何もインストールされない.
  • 以後,DellMiniBoot123 CD 無しで起動することが可能になる.

インストール + アップデート(10.5.6) 後の動作
  • サウンド,内蔵 SD カードリーダー, 共に正常に動作している.
  • Webcamera は内蔵されていないので動作は不明.
バックアップ
  • 正常の動作するようになった段階で,Time Machine などで完全バックアップを取る.
    これにより,次回のインストール時,あるいは問題発生時に,タイムマシンで作業が全て終わった状態に戻すことができる.このバックアップデータは上書きされないように独立にハードディスクに置いておくと良い.

トラブル
  • USB外付 ディスクを接続すると,自動クリック状態になる.
    解決法: BIOS (起動時に数字キー2を押す)で,USB Legacy Support を Disabled にする.

  • スリープから復帰すると 0キーが押し続けたたような状態になる.
    解決法: 何かキーを押すと正常に戻る.

  • 使用中にACダプターを接続すると,バッテリーの状況が「充電されていません」と表示される.
    解決法: 接続されている電源は実行するには十分だが,バッテリーを充電するには不十分とのことなので(Apple),シャットダウンしてから充電する.これは不便.

その他の情報のメモ

非純正バッテリー,大容量バッテリー
  • BIOSのバージョンがA04以上であると充電できない可能性あり.


Links

カテゴリ「Dell Mini 9」に関係するおすすめリンク
Wikipedia: Dell Inspiron Mini Series (英語) 確実な情報はここから
デルが放つミニPC「Inspiron Mini 9」
をチェックする
ITmedia + D PC USER レビュー